不動産会社を活用する|これからの空き家管理・活用法

man

住宅改装をする

リフォームと類似競合しているリノベーションによる住宅改装について

home

リノベーションは近年多くの工務店や住宅リフォーム会社などが提唱している言葉です。その明確な定義は用いる会社によって曖昧ですが、一般的にはライフスタイルに合わせて、これまでなかった機能の追加や変更をすることが伴う改修工事とされています。 このため二世帯住宅への改装や、介護住宅実現のためのバリアフリー化工事、セカンドライフ実現のための住宅改修などが、よくリノベーションとして提案されています。何れの場合も住宅の機能の大幅な変更が伴っているのが特徴です。 リフォームと類似競合点が多く、場合によってはリノベーションはリフォームの1種とも取られることもあるなど、同じような意味として使われることもあるため、業者ごとのリフォームとリノベーションの扱いの違いについて、意識しておくことが重要です。

施工費用はその施工の内容によって大きく変化している

施工費用は、住宅リフォームにおいては施工内容によって大きく違います。例えばトイレのリフォームで温水洗浄便座を導入した施工を行う場合は、一般的に一番費用が掛かるのはトイレそのものの商品代となります。 大規模な増築や改修となる場合は、リフォームにおいて最もお金が掛かるのが、木工事と呼ばれる施工になります。木工事は大工が関わる仕事の全てであり、間取り変更や柱や梁などの構造材を用いた住宅の構造工事になります。このため費用が一番掛かる工事となり、間取り変更でも数十万円から100万円を超えることもよくあります。 住宅設備を導入するリフォームとなれば、設備商品の代金に加えて配線工事関係の費用が必要になったりと、リフォームの施工費用はその内容ごとに変化します。